本日はグリークラブの活躍をご紹介します。     コンテスト・発表の機会が失われる中で   本年度は高校部活動の場面でも、コロナ禍の影響で大会・コンテストの中止・規模縮小が目立ちました。そんな中でも本校では、毎日放課後、クラブ活動に打ち込む生徒たちの姿がありました。それらのクラブの中、毎日決まった時間に校内に美しい男声合唱の歌声を響かせるのは、顧問である森 教頭の指導の下、日々練習に励むグリークラブです。          第44回 兵庫県高等学校総合文化祭 合唱部門 演奏会   11月8日(日)、赤穂市文化会館 ハーモニーホール(大ホール)にて開催された「第44回 兵庫県高等学校総合文化祭 合唱部門 演奏会」に於いて、県立姫路飾西高等学校・県立姫路西高等学校・県立姫路東高等学校・姫路女学院高等学校・県立福崎高等学校・県立夢前高等学校に本校を加えた「西播磨地区連合合唱団」がオープニングソングとして、本校森 教頭の指揮による『結 ~ゆい~』を歌い上げました。           ...

本日は「美術陶芸部」の活躍をご紹介します。     美術工芸甲子園【審査員特別賞】受賞     10月30日~11月15日の期間、京都伝統工芸館で開催されました「第12回 美術工芸甲子園」に於いて、3年 吉岡 君の陶芸作品『杜の桃源郷』が審査員特別賞を受賞したしました。             美術陶芸部   毎年優秀な作品を創作する本校美術陶芸部。のびのびと創作活動に打ち込める環境で培われた彼らの芸術的なセンスが、彼らの未来と社会を豊かにすると確信しています。        ...

本日は和太鼓部の活躍をご紹介します。   第44回 兵庫県高等学校 総合文化祭・第27回 郷土芸能部門発表会   11月7日(土)、姫路市北部市民センターに於いて「第44回 兵庫県高等学校 総合文化祭・第27回 郷土芸能部門発表会」が開催されました。この日は本校和太鼓部を含め県内6校が集い、日ごろの練習の成果を披露しました。本年度はコロナの影響で演奏の機会が極端に減少しました。そんな中でのこの機会は、改めて「演奏ができる」喜びを感じた発表会となりました。          和太鼓に打ち込んだ3年間   この日の演奏をもって3年生部員は引退となります。最後の演奏曲には、講師としてご指導いただきました政本憲一 氏作の「光射(きざし)」を選び、3年間の和太鼓部の活動を締めくくりました。       ...

本日は吹奏楽部3年 稲福 君の活躍をご紹介します。     第30回 日本クラシック音楽コンクール   日本クラシック音楽協会が主催する権威あるコンクール「日本クラシック音楽コンクール」に於いて、本校吹奏楽部3年 稲福 君が予選・本選を経て、全国大会出場の推薦を受けました。部活動時間はもちろん、朝食後や昼休みなど寸暇を惜しんで仲間たちと練習に励んだ成果が、ここに結集いたしました。今後の活躍を期待します。            ...

今回も引き続き、10月12日14日16日の3日間、校内で開催いたしました「自由ヶ丘WEEK」をご紹介いたします。     自由ヶ丘WEEK その②   美術・陶芸部、書道部・自然科学部が作品や掲示物による作品展示を行う一方、和太鼓部・吹奏楽部・グリークラブ、ESSサークル・中国語サークルが日替わりで実演を行いました。生徒・教職員はもちろん、web会議アプリ「ZOOM」を使って保護者様へ配信する「オンライン鑑賞会」を行いました。                    コンピュータ・サイエンス部 自然科学部 ビブリオサークル   今回は、コンピュータ・サイエンス部、自然科学部、ビブリオサークルの研究発表・活動報告の一部をご紹介いたします。      ...

本日は秋の文化活動をご紹介いたします。     自由ヶ丘 WEEK   年間6回の大規模な学校行事を生徒たちの成長の場と捉え、活発な活動を行っておりました本校。今回の新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、感染予防の観点から、本校も学校行事の開催方法を模索しています。その中で10月12日~17日、「自由ヶ丘 WEEK」と称した文化部活動の校内展示・披露の機会を設けました。グリークラブ・和太鼓部・吹奏楽部の演奏・スピーチの披露に加え、作品や展示物・パネルを用いた活動報告を行っています。              オンライン鑑賞会   今回は新たな試みとして、保護者様を対象にオンラインでの学校行事ご参加を募っております。「3密回避」を念頭に置くと、どうしてもこのような形でのご参加をお願いすることになりますが、少しでも生徒たちの日常の活躍が保護者様に届くように努めます。           演劇部の活動報告   「自由ヶ丘Week」の展示物の中から今回、演劇部の活動紹介をご覧いただきます。今回のコロナの件で公演が中止となり、本校演劇部3年六萬 君・永戸 君をはじめ、姫路市内の高校演劇部員の努力やその輝きを皆様にご覧いただく機会を失いました。この場を借りてご紹介させていただきます。      ...

9月18日(金)に行った「生徒総会」の様子をご紹介いたします。       全校生徒が発言できる場     新生徒会に代わり、最初の生徒総会。これまでは生徒からの意見の収集に「アンケート」や「目安箱」という方法がとられていましたが、今年の生徒会は全校生徒に今ある生徒自治の課題を直接伝え、その場で共に改善策を模索するスタイルをとりました。活発な発言・意見の交換もあり、即「答え」には至らないまでも、課題を共有することで、生徒全体に「改善へ意識の向上」を図る効果を狙った総会となりました。           ...

本日は自然科学部の活動をご紹介いたします。     「研究者にズームイン」     神戸市中央区にある理化学研究所 生命機能科学研究センター(BDR)が発行する『BDR Times/いきもんタイムス』内「研究者にズームイン」のページに、本校自然科学部の取材活動が紹介されました。昨年9月18日、自然科学部員が「高校生によるインタビュー企画」のインタビュアーに抜擢され、生命機能科学センターで「痛みと疲れ」を研究されている崔翼龍(さい・よくりゅう)氏にインタビューを行いました。           新型コロナ関連の影響により、今回の第5号に限り、印刷物の発行が休止されました。下記リンク「理化学研究所 BDR Times」や、そのほか関連サイトからご覧ください。   外部リンク:   『BDR Times | いきもんタイムズ』   本校関連ページ: https://bdrtimes.riken.jp/2020/03/02/zoom-in-sai/    ...

本日は美術・陶芸部の活躍をご紹介します。     美術・陶芸部   本校の美術・陶芸部は、芸術に興味関心がある生徒、更に将来の進路に「芸術分野」を志望する生徒が多く所属しています。技術的な指導はもちろん、校外での本格的な薪による窯焼きや現地取材など、芸術科教諭である顧問の手厚いサポートにより、生徒たちはのびのびと創作活動を行っています。            第21回 高校生国際美術展   今回「第21回 高校生国際美術展」に、2年 吉野 君のアクリル画「白い壁の下り坂」、3年  吉岡 君の陶芸「杜の桃源郷」の2作品を出品し、美術展を主催する「NPO法人 世界芸術文化振興協会」より、感謝状を頂きました。         ...

本日は4月13日より開始した「オンライン ホームルーム」の様子と今後についてを紹介します。   日々の健康管理と規則正しい生活リズムの継続のために   コロナウイルスの拡大感染を予防するために、現在自由ヶ丘高校は休校期間を延長しております。生徒とのコミュニケーションをとる方法に、電話・郵便物に加え、今週よりオンラインを使った会議ツール「Zoom」が加わりました。生徒の健康状態の確認と規則正しい生活リズムの継続を第一の目的として、朝9時よりホームルームを行っています。        本校では現在「オンラインゼミ」の準備を進めています。しばらくの間、感染防止措置にともなう外出の自粛が継続させると思われますが、保護者の方におかれましても、ご家庭の健康管理に十分にご配慮いただき、「オンライン ホームルーム・オンラインゼミ」へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。      ...