坂の町として有名な広島県尾道市では、歴史ある古寺やレトロな建物がひしめき合い、迷路のように続く路地や坂道が独特の風情を描いています。 その町全体を芸術作品として広めようと、国際芸術文化都市を目指す尾道市では、「絵のまち尾道」をアピールするとともに、高校生の芸術文化意識の高揚を目的に、全国絵画公募展として「高校生絵のまち尾道四季展」を2年に1回のビエンナーレ方式で開催しています。 次回の開催は今年の11月なのですが、それへの出品と入選を目標にしている美術部の生徒たちは、冬休み期間に現地視察のために尾道市を訪れ、モチーフとする風景の散策を行いました。     芸術的な街の風景   尾道に到着した部員一同は、まずは尾道を代表する観光地である千光寺公園を目指し、そこを起点に周辺の街を散策しました。 部員たちの多くは尾道を訪れるのは初めてのようで、眼下に広がる町と海とが混ざり合う独特の風景に感性が刺激され、あちらこちらで写真を撮りました。        最初の課題はスケッチから   目標とする「高校生絵のまち尾道四季展」への入選は簡単ではありません。 毎回、全国から多数の応募があり、かなり高いレベルの作品が出品されています。 なので、本作品の製作に取り掛かるまでの準備段階として、全部員にスケッチの課題が出されました。 滞在時間の関係より、現地で行うことが難しいため、それぞれの部員は自分が気に入った風景をピックアップして写真に収め、スケッチ製作は冬休みの課題として持ち帰りました。             入選を目指して   作品の出品となる11月までにはまだまだ時間はあります。 そして、出品することが目標ではなく、入選が目標です。 残された時間の中で、目的をはっきりと持った計画を立てて取組み、何としても目標の入選を勝ち取るために、今年の美術部は年の初めから燃えています。       ※「高校生絵のまち尾道四季展」リンク https://www.onomichi-museum.jp/competition/3.html  ...

    12月になり本格的な冬がやってきましたが、冬の風物詩とも言えるスポーツで思いつくのはマラソンではないでしょうか? 最近は健康志向の高まりもあって、マラソン人気は高まっており、全国各地で市民マラソンが開催されています。 自由ヶ丘のある姫路市でも5年前より「世界遺産姫路城マラソン」が開催されており、全国各地から大勢のランナーが参加し、熱い戦いを繰り広げています。       ランナーたちにエールを送る   自由ヶ丘では、5年前の初開催の時から「世界遺産姫路城マラソン」には地元姫路の高校生サポーターとして、様々な立場で関わらせていただいています。 これまでは、沿道での和太鼓演奏や給水場でのボランティアとして、ランナーたちにエールを送ってきました。 そして、5年目となる今年は美術部の部員たちが、沿道での横断幕の製作をすることになり、少し早いですが先日より製作に取りかっています。              一目でわかるメッセージ   美術部の部員たちは、校内の行事ではいつもポスター制作などは行っているのですが、沿道でのマラソンランナー応援のための横断幕の製作は初めてです。 走っているランナーたちが一目でわかり、勇気づけるためのメッセージをコンセプトして考えた結果、できた作品がこれです。 なお、この横断幕は12月3日から1月23日まで姫路市内のイオン大津ショッピングセンターにて、事前展示してくれていますので、その間にこちらに行かれる機会のある方は、近くで見てみてください。            真冬の姫路で熱い戦いが   「世界遺産姫路城マラソン2019」は来年2月24日(日)9時スタートです。 フルマラソンは7千人、ファンランは約4千人の合計1万人以上のランナーが全国から集結し、世界遺産姫路城を前にして熱い戦いを繰り広げます。 当日は、熱い思いを込めたこの横断幕を持って、頑張るランナーたちを精一杯応援したいと思います。 当日現地に行かれる方で、この横断幕に気付かれた方がいれば、是非とも手を振って下さい。 より一層の声援でお応えしたいと思います。     リンク 姫路城マラソン2019...

  兵庫県の北部にある山間部の自然豊かな町、養父市大屋町は木彫・木工、絵画・書道・陶芸・染織など、様々な分野で数多くの芸術家が活動しています。 そこで養父市では地域資源と芸術資源を新しいまちづくりに結びつける「おおやアート村構想」を町全体で進めています。     そして2012年、地域で廃校になった学校施設を活用することで「おおやアート村構想」の拠点としての、「おおやアート村BIG LABO」が誕生し、アートとくらしをつなぐ大きな実験室と称して、芸術家の育成や地域の芸術文化活動の振興を推進しています。       大宇宙★展に出展   「おおやアート村BIG LABO」では、2018年3月17日から8月31日まで企画展として「大宇宙★展」を開催しており、全国各地から宇宙をモチーフにした様々なアート作品を公募していました。 その噂を聞きつけた本校美術部 菅 君はじめ、有志部員がそれに応募し、作品は先日まで展示されていたのです。       作品に関しての条件はとにかく宇宙をモチーフにしていること、それだけです。 なので、出展されている作品はそれぞれの作者が思い描く宇宙をイメージして製作されており、作品ごとの独特な世界観に圧倒されてしまいます。       つくる!まなぶ!たのしい!   この「おおやアート村BIG LABO」ではつくる!まなぶ!たのしい!をコンセプトにして、季節ごとに様々な展示やイベントが行われています。 それぞれの分野で活躍しているプロのアーティストから学ぶことができるワークショップなども定期的に開催しており、家ではできないアート体験が手軽に楽しめる魅力いっぱいのスポットです。 9月になって少しずつ秋の気配が近付いてきましたが、芸術の秋にはいつか機会を見つけてアート好きな生徒たちと「一緒に活動」してみたいと思っています。   おおやアート村 BIG LABO公式HP http://biglabo.com/...

過日、第35回 西播美術展に於いて、3年生 石井 君が「奨励賞」を受賞いたしました。本校に入学し、美術・陶芸部で本格的陶芸製作に出会い、3年生の夏に大作にチャレンジしました。その作品が本美術展で高く評価され、美術・陶芸部員として有終の美を飾ってくれました。        作品名 『天空の湖』     昨年9月16日 窯焼きを行う石井 君  3年間 学業・芸術活動ともに励んでくれました。 ...

9月16日・17日の2日にわたり、美術・陶芸部が本格的な薪窯による陶芸制作を行いました。電気窯を有する美術・陶芸部ですが、毎年この時期、地域の愛好家の方のご厚意で薪釜をお借し頂き、本格的な窯焼を行っています。伝統的な手法による味わい深い作品は、10月14日(土)姫路市北部市民センターで開催する学校行事「第3回 自由ヶ丘フェスティバル」で展示し、コンテストへ出品します。      ...

1月20日(金)~22日(日)の3日間、兵庫県民会館2階 アートギャラリーにて「第56回 私学連合美術展」が開催されました。本校より4作品を出品し、多くの皆様にご覧いただきました。            本校2学年団が「オーストラリア ケアンズ」へ海外研修旅行に関しまして、搭乗予定の飛行機トラブルにより大幅に予定が変更になりました。2月2日(木)出発の予定です。 期間:平成29年2月2日(木)~2月7日(火) 研修旅行中、現地より特設ブログの更新を予定しております。ご期待ください。 検索キーワード : 平成28年度  自由ヶ丘  研修旅行 http://ameblo.jp/jiyugaoka2017/...

1月5日~8日、イーグレ姫路の第3・4展示室に於いて開催された「第34回 西播高校美術展」に、本校美術・陶芸部員作品を出品し、2年生 石井 君の陶芸作品が奨励賞を受賞いたしました。毎年兵庫県西播地区の高等学校20校が作品を持ち寄り展示を行うこの美術展に、今年も薪焼釜で焼成した陶芸作品や絵画を展示いたしました。                 ...

美術・陶芸部が本格的な薪窯による陶芸制作を行いました。電気窯を有する美術・陶芸部ですが、毎年この時期、地域の愛好家の方のご厚意で薪釜をお借し頂き、本格的な窯焼を行います。伝統を継承しつつ新しい発想を加える本校 美術・陶芸部の作品は、各コンテストでも高い評価をいただいております。作品は10月15日、姫路市民文化センター 小ホールで開催する学校行事「第2回 自由ヶ丘フェスティバル」で展示いたします。           ...

自由ヶ丘高等学校では文化芸術活動を重視しています。文化部の一つである「美術・陶芸部」は昨年も多くのコンテストに絵画・陶芸作品を出品し、「第55回 兵庫県私学連合美術展」や「第33回 西播高校美術展」などで高い評価をいただいております。本年度も新入部員を迎え、新しい才能開花の兆しが見られます。      ...