ニュース

2018年5月の記事一覧

【ミュージック】「和太鼓松村組」講師来校 プロの指導の様子をお伝えします

 

4月のニュース記事でも紹介しましたように、本校の和太鼓部は神戸を起点に世界中で活動している和太鼓のプロ集団「和太鼓松村組」の奏者が講師として定期的に来校され、指導をしてくれています。

 

本日5月26日(土)が来校される日であるという情報を聞きつけたので、指導風景を取材させていただきました。

 

指導者はこの人

いつも本校に来校していただいて、プロの指導をしてくれていますのは、こちらです。

 

 

 

 

「和太鼓松村組」の主要メンバーでチームの中核として活動されている 政本憲一さんです。

 

せっかくの機会なので、紹介代わりにプロの演奏を聞かせていただきました。

 

 

 

想像以上の大迫力に圧倒されました。

いつも和太鼓部の演奏を聴いているので、和太鼓の迫力は知っていたつもりですが、想像を大きく超える重低音です。

とにかくすごいです。

 

政本憲一さんにインタビュー

せっかくの機会なので、政本憲一さんにインタビューさせていただきました。

Q.本校の和太鼓部の指導をしていただいたのはいつからですか?

A.6年くらい前から講師として、指導しています。

 

Q.本校和太鼓部の最初の印象は?

A.独学で学んでいたので、荒削りな面はありましたが、やる気と熱意に感動したのを覚えています。磨けば光ると確信しました。

 

Q.あえて言うと課題は何だと思いますか?

A.個人の技量を上げることも重要ですが、メンバーそれぞれの個性をひとつに束ねて、チーム全体の合奏力を上げることが大切です。ただし、これは指導者としての私の課題でもあります。

 

Q.更に飛躍するためのアドバイスをお願いします。

A.和太鼓をより音楽として発展させるためには、和太鼓だけではなく、他の楽器や音楽にふれることも大切だと思います。和太鼓という楽器は他の様々な楽器とセッションすることで、新たな魅力を見つけることができる素晴らしい楽器だということを忘れないでください。

 

 

 

プロの指導の風景

インタビュー終了後、早速練習が開始されました。

指導スタイルは、とにかく一緒に演奏するやり方です。

言葉で説明するよりも、一緒に音を奏でながら、一人ひとりに声を掛けてアドバイスしています。

とにかくみんなが楽しそうに演奏しているのが印象的です。

 

   

 

 

思いはひとつ

今回の指導風景を取材させていただいて、感じたのは距離の近さです。

最初はプロの奏者ということで手が届かない存在かと思っていましたが、すごく気さくで自由ヶ丘を愛してくれている様子を感じました。

政本さんいわく、「指導を通じて自分も成長していきたい」とのことで、同じ思いを共有したこの関係はいつまでも続いてほしいものですね。

 

 

・和太鼓松村組 webサイト
http://www.wadaiko-matsumuragumi.com/

【スポーツ】自由ヶ丘イズムを継承 バスケを通じて豊かな人生を ~バスケットボール部~

11ステージ クラブ活動 ニュース  2018年5月23日 水曜日 18:00

 

文化部の活動が盛んな自由ヶ丘高校の中で、伝統的に体育会系を好む生徒たちの人気を博しているのがバスケットボール部です。

 

過去には兵庫県大会4位になった実績を持ち、近畿大会にも出場経験があります。

地元である姫路地区の強豪として有名だったんですよ。

 

 

 

伝統を受け継ぐ

最近は、そこまでの成績を残すことは少なくなりましたが、それでも先輩から続いてきた伝統の灯を受け継いで、活発に活動しています。

学校行事の多い自由ヶ丘では、どうしても練習時間が限られてしまい、以前と比べて全体での練習時間は少なくなりました。

それでも熱心な部員たちは時間を見付けてはトレーニングに励んでいます。

できない言い訳をするのではなく、自主的に行動する姿勢はさすがですね。

 

 

 

 

バスケを通じて社会性を身に付ける

受け継いだ伝統はそれだけではありません。

バスケットボールの実力を高めることも大切ですが、同様にバスケットボールを通じて社会性を身に付けるということを大切な教えとして、代々受け継いでいるのです。

例えば、挨拶や礼儀、規律などの社会で生きる上で大切なことを、バスケットボールの指導を通じて身に付けさせたいというのが、顧問の先生の変わらぬ考えです。

 

 

 

 

バスケ部なのに地域清掃?

それを目に見えた形として行動するために、いつもお世話になっている学校周辺の地域清掃を部員一同で不定期に行っています。

そういうところが自由ヶ丘らしさなのだと思います。

 

 

 

 

新チーム始動開始

本来であれば、この時期は夏の全国大会を目指して、兵庫県総体の真っ最中の予定でしたが、残念ながら先日の地区大会で敗退してしまいました。

3年生の部員はこれで実質的に引退となり、少し早いですが新チームが始動開始しました。

チームを引っ張ってくれた3年生がいなくなり、少し寂しい部分もありますが、そんなことも言ってられません。

新たなチームを託された2年生を中心に先輩たちから受け継いだ自由ヶ丘イズムを胸に刻み、再起を目指して奮闘しています。

【スポーツ】高校総体に向けて 疾風のごとく走り抜ける ~自転車競技部~

11ステージ クラブ活動 ニュース  2018年5月19日 土曜日 18:00

5月27日(日)明石公園自転車競技場にて開催される兵庫県高校総体に自転車競技部が出場します。

自由ヶ丘の自転車競技部は過去には全国優勝や国体優勝等の華々しい成果を残している伝統ある部活動なのです。

ちなみに自転車競技は、第1回アテネオリンピックから正式競技に採用されており、古くから世界中で愛されているスポーツでもあります。

 

 

 

競技用自転車を知ってますか?

そもそも競技用の自転車と一般の自転車の違いについて知ってますか?

競技用の自転車はとにかく速く走ることが目的なので、カーボンやチタンなどの軽くて、強度のある素材で作られています。

そして体にフィットしたユニフォームと流線型のヘルメットで空気抵抗を抑えることも大切な要素です。

 

 

 

 

校内で全力疾走

そんな速さを競う自転車競技ですが、どこの高校も練習場所について悩みを抱えています。

ところが本校は、甲子園球場が10個近く入る広大な敷地があるので、学校の敷地内で遠慮なく練習できるのです。

 

 

 

 

チームスプリントで優勝を目指す

そんなチーム自由ヶ丘が目指しているのはチームスプリント部門での優勝です。

チームスプリントとは、3名の選手が1列になって走り、1週ごとに先頭の選手がロケットの切り離しのようにコースから外れていきます。

そして、最後の選手がゴールしたタイムを競うという競技です。

この競技は、個人の能力と同時にチームワークが大きく勝敗を左右するので、本当の意味でのチームの総合力が必要なのです。

 

 

 

 

今年こそは・・・

1週間後の大会に備えて、選手たちは猛練習に取り組んでいます。

ここ数年は、近畿大会出場までは実現していますが、全国大会への出場を逃すことが増えています。

選手たちは「今年こそは全国に」を合言葉に、前だけを向いて疾風のごとく走り抜けています。

【スポーツ】地区大会優勝しました 目指せインターハイ ~陸上競技部~

11ステージ クラブ活動 ニュース  2018年5月17日 木曜日 18:00

5月12日(土)姫路市のウインク陸上競技場にて開催された西播高等学校陸上競技対校選手権大会において、本校陸上競技部の選手が大活躍しました。

 

自由ヶ丘の陸上競技部は、競走・跳躍・投てきの陸上3競技を総合的に活動していますが、中でも投てき競技は伝統的に好成績を収めている強豪校として、全国に名をとどろかせています。

 

 

 

昨年はインターハイ準優勝

そんな中でも、昨年は特に飛躍的な成果を残すことが出来ました。

結果は何とハンマー投げ競技において、夏のインターハイで準優勝と第3位という輝かしい成績を残したのです。

 

 

 

西播地区大会優勝

その流れをくんで、今年の地区大会も周囲からの期待は大きくふくらむ中、結果は次の通りでした。

 

望月君が円盤投げ39m94で優勝、山口君がハンマー投げ51m67で第3位という好成績を収めることができました。

その他の選手も表彰台には届きませんでしたが、それぞれの目標とする成績を残すことが出来たようです。

 

 

   

2年前は初心者

陸上競技の世界で本校が最も評価をされているのは、特待生として強豪選手をスカウトしているのではなく、未経験者を一から育て上げる育成手腕についてです。

今回好成績を残した望月君、山口君の2名も中学校までは全くの未経験で、本校入学後の2年前に初めて投てき競技を開始したのです。

 

 

 

次は県大会

西播地区大会の入賞者は5月25日(金)~27日(日)にかけて、神戸ユニバー記念競技場で開催される県大会に進みます。

自由ヶ丘のある兵庫県は本校以外にも、全国的に有名な強豪校が揃っており、「兵庫を制する者、全国を制する」とまで言われるほどです。

ただ、選手たちはライバルの記録を意識するのでなく、あくまで平常心で自分の実力を発揮できるかどうかが勝敗の分かれ目と言います。

大会当日の大舞台では、悔やむことのない精一杯の結果が出ることを学校全体で応援しています。

【カルチャー】「姫路お城まつり」にランドスケープサークルが参加しました

11ステージ サークル活動 ニュース  2018年5月15日 火曜日 18:30

自由ヶ丘高校のある姫路市では、5月11日(金)から13日(日)までの3日間、初夏の訪れを告げる恒例イベントとして、「姫路お城まつり」が開催されました。

 

「姫路お城祭り」は戦争による被害を逃れた姫路城を戦後復興のシンボルとして盛り上げるために、昭和23年より始まりました。

つまり今年で第69回を迎える由緒あるお祭りなのです。

 

 

 

 

姫路城周辺が大盛り上がり

会期中の3日間は、主役である姫路城を中心に周辺の各会場で様々な関連イベントが行われました。

メインイベントは千姫などの姫路城にゆかりのある歴史上の人物の時代パレードが有名ですが、それ以外にも若者向けの音楽フェスや薪能公演など色々と盛りだくさんです。

 

 

 

 

風薫る和傘の灯り

そのうちの一つとして、姫路城南西にある家老屋敷跡公演にて開催されたのが、「風薫る和傘の灯り~竹紙でつながる笑顔の絆~」です。

姫路の名産である竹紙を使用して和傘をつくり、夜にはそれらすべてを光のオブジェとしてライトアップするという企画です。

 

 

 

ランドスケープサークルより10名が参加

その企画には姫路市内の学校や市民団体を中心に約50名が有志スタッフとして集まりましたが、そのうち10名は本校ランドスケープサークルからの参加です。

本校はこの行事には毎年参加しており、今年も主催者より直々のラブコールを受けて、参加することになりました。

 

 

 

 

 

ライトアップされ幻想的に

本校では和傘の製作は4月から校内で少しずつ開始し、当日までに10本を製作しました。

それが、あらかじめ設置された展示台に組み込まれ、大きなオブジェに変わるのです。

 

 

 

 

 

これが、夜間照明にライトアップされた作品です。

暗闇の中、幻想的に浮かび上がる光のアートに観客からも大きな歓声が上がり、スタッフ一同が大成功を確信しました。

 

  

 

 

生徒たちは時間の関係上、この光のアート作品をリアルタイムに見ることは出来ませんでしたが、何よりも観客の皆様が喜んでくれたことが嬉しかったようです。

製作に関わる約1ヶ月間はとても忙しい時間でしたが、その苦労があってこその喜びは、思い出と共にいつまでも心に灯り続けることでしょう。

 

※姫路お城まつり公式サイト

https://www.city.himeji.lg.jp/contents/oshirofes/index.html

 

「母の日コンサートin姫路」  グリークラブがプロと共演します

11ステージ クラブ活動 ニュース  2018年5月11日 金曜日 18:00

5月の第2日曜日と言えば、母の日ですね。

母の日と言えば、カーネーションを贈って日頃の感謝の気持ちを伝えるという特別な日です。

 

その特別な日に開催されるイベント「母の日コンサートin姫路」に本校グリークラブが出演いたします

 

 

プロが出演する合同コンサート

このイベントは高校生の合唱祭とは違い、シャンソン・ポップス・フォーク・ミュージカル等、様々なジャンルで活躍する姫路にゆかりのあるアーティスト14組が出演する本格的な合同コンサートです。

そこに白組の高校生チーム代表として、本校グリークラブが選ばれたのです。

 

 

 

 

きっかけは森先生

出演に至ったきっかけはグリークラブ顧問の森先生の個人的なつながりからですが、プロと同じステージに立つ資格を認めていただいた証でもあります。

実は、この森先生はグリークラブの指揮者としてだけではなく、一人の声楽アーティストとしても出演するのです。

 

 

 

 

紅白歌の祭典

このコンサートはサブタイトルが「~紅白歌の祭典~」となっており、男性チームと女性チームに分かれた対抗戦形式でそれぞれの歌を披露していきます。

そして、最後には来場のお客様の拍手によって勝敗が決まります。

要は大晦日のあの歌合戦と同じ形式ですね。

 

 

 

今週末に開催

今週末の本番まで残された時間はあとわずかです。

グリークラブの部員たちは、GW休暇が終わってからの1週間で最後のリハーサルを重ねています。

どんなに練習しても緊張はなくなりませんが、プロと同じステージに立つプレッシャーを前向きなエネルギーに変えて、本番では自由ヶ丘らしさを存分に発揮してくれることを期待しています。

5月13日(日)14:00開演なので、姫路近郊にお住まいの方は、是非とも足をお運びください。

 

 

「母の日コンサート~紅白歌の祭典~in 姫路」webサイト

https://rongkk.com/mothers-day-concert-2018/

「チャレンジステージ」の裏側 華やかなステージを支える舞台裏を紹介します

ニュース 学校生活  2018年5月8日 火曜日 17:00

 

先日のニュースでも大々的に紹介しましたように、4月29日(日)「チャレンジステージ」は大成功で幕を閉じました。

 

今日はその華やかなステージを支える舞台裏の様子を紹介させていただきます。

ステージでパフォーマンスを披露した生徒のみならず、当日は裏方として活躍してくれた生徒たちにもスポットライトを当ててみたいと思います。

 

 

 

司会進行

司会担当は2年生3名、1年生8名の計13名で担当しました。

経験のある2年生が立候補で名乗りを上げた1年生をリハーサルの段階から、温かく指導してくれました。

そのお蔭で、それぞれの場面ごとに重要なMCの大役を立派につとめることができました。

 

 

 

 

照明演出

照明演出は2年生が6名で担当しました。

まさに自分は陰となり、ステージをダイナミックに演出してくれました。

 

   

 

 

音響技術

音響は5名の2年生が担当しました。

普通では扱えないプロ仕様の機器の扱いも慣れたものです。

 

 

 

 

映像技術

舞台を演出し、進行のサポートをする映像技術は5名の2年生が担当です。

映像のクオリティはステージ全体のクオリティに直結する重要な役割ですが、綿密な準備のおかげで、クールな空間の演出に成功しました。

 

   

 

 

看板・アート

入口を始め、会場のあちこちに生徒が製作した看板やアート作品が展示されています。

アーティストの感性を持ったオシャレな生徒たち11名が会場をデコレーションしてくれました。

 

 

 

 

みんなでつくる学校行事

本校の行事はすべて「生徒みんなでつくる」がキーワードです。

ここで紹介させていただいた役割以外にも、舞台進行やプログラム作成、会場受付・案内etc・・・挙げるときりがないくらいあります。

過去の経験なんてたかが知れてるので、とにかくまずはやってみようのスタンスで始めてみることが大きなきっかけになるんですよね。

そんなちょっとした「チャレンジ」の芽が自由ヶ丘にはいっぱい出てきましたよ。

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031