本日は「新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言」解除後、日常を取り戻しつつある本校の様子をご紹介します。     コロナウイルス感染症予防対策   毎朝の検温・うがい・手洗い・アルコール消毒・マスク着用・咳エチケット・3密の回避など、コロナウイルス感染症予防対策をとった学校生活が6月1日よりスタートしております。当初生徒はもちろん教員も戸惑いがありましたが、これらも日常の一部になり例年の予定の遅れも徐々に取り戻しつつあります。              感染症予防の取り組みが・・   本校の感染症予防の取り組みが生徒たちの健康管理意識の向上させ、例年に比較し体調不良での欠席が大幅に減少しております。         クラブ活動も再開   感染症予防の観点から学校のクラブ活動にも自粛が求められておりましたが、段階的に制限が解除されております。本校も活動を再開し、新入生も入部した各クラブは活気を取り戻しつつあります。         ...

  6月5日(金)、新型コロナウイルス感染症対策として「検温・消毒・3密を極力なくす」処置を行い、令和二年度「入学式」を挙行いたしました。     まずは入寮   全寮制の本校では入学式の式典の前に、まず寮へ入ります。上級生たちはきめ細やかな心遣いで新入生を迎え入れてくれます。彼らにそれができるのは、親元から離れ第一歩を踏み出す日の不安を、彼ら自身も知っているからです。寮のある本校の学びは、社会人基礎力の涵養と共に、「自分の感じた不安や苦労を、他者への優しさに代える」力も育みます。              入学式   今回の新型コロナウイルス感染拡大による休校措置を経て迎えた本日の入学式。新入生たちはすでにオンライン・ホームルームやゼミで担任やクラスメイトと面識があり、今年は初対面の緊張感が少ない入学式となりました。        ...

「新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態」の全面解除宣言を受け、5月31日(日)学校を再開し、6月1日(月)1学期始業式を行いました。始業式では学校長より、ステイホーム中の生徒たちの努力と忍耐を労うと共に、改めて感染症予防に関するマナーやエチケット・ソーシャルディスタンスの重要性が伝えられました。 政府の新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針では、学校は「感染症予防に最大限配慮した上で、段階的に学校教育活動を再開し、児童生徒等が学ぶことができる環境を作っていく」とされています。本校もこの方針に沿ったガイドラインを作成し、設備の追加・時間帯の変更による「3密」をなくす措置をとりました。また事態の急変にも即応できる体制を整えました。 生徒たちは仲間との再会を喜ぶと共に、普通に学校で学べることに感謝しつつ、学校生活を再開します。          ...

本日は4月13日より開始した「オンライン ホームルーム」の様子と今後についてを紹介します。   日々の健康管理と規則正しい生活リズムの継続のために   コロナウイルスの拡大感染を予防するために、現在自由ヶ丘高校は休校期間を延長しております。生徒とのコミュニケーションをとる方法に、電話・郵便物に加え、今週よりオンラインを使った会議ツール「Zoom」が加わりました。生徒の健康状態の確認と規則正しい生活リズムの継続を第一の目的として、朝9時よりホームルームを行っています。         本校では現在「オンラインゼミ」の準備を進めています。しばらくの間、感染防止措置にともなう外出の自粛が継続させると思われますが、保護者の方におかれましても、ご家庭の健康管理に十分にご配慮いただき、「オンライン ホームルーム・オンラインゼミ」へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。      ...

本日は3月1日(日)に挙行いたしました、「令和元年度 卒業証書授与式」の様子をご紹介します。     自由ヶ丘高等学校の卒業式   厚生労働省ならびに文部科学省から出されたコロナウイルス拡大感染防止の措置指針に基づいた形式に、急遽変更を余儀なくされた本年度卒業式。しかし式典は、全寮制高校で共に過ごした寮生と教職員、その門出を祝う保護者様とのあたたかい雰囲気に満ちた卒業式となりました。            卒業記念DVD   堂々とした行進に荘厳な歌声など、本校の伝統的な「卒業式」を感じられるものとして、1月26日(日)の退寮の日に行った「伝達式」の様子をDVDに収録し、「卒業記念DVD」として保護者様にお渡しいたしました。DVDには入学式や学校行事、海外語学研修の様子なども合わせて収録しており、卒業アルバムとともに本校での三年間をご家族で振り返って頂ける思い出の品です。        ...

本日は美術陶芸部をご紹介します。     本格的な陶芸にチャレンジできる環境   本校美術陶芸部は陶芸用電気釜を所有すると共に、近隣の陶芸愛好家との交流から、所有されている薪窯をお借りし本格的な焼成を行っています。このような環境で生まれる生徒たちの作品は、時に高い評価をいただいています。          備前焼を学ぶ   そんな先輩たちの才能に刺激を受け、後輩たちも意欲的に創作活動に励んでいます。そんな中2月24日(月・祝)、美術陶芸部員が岡山県和気郡にある窯元で、「備前焼」について学びました。              技術だけでなく感性も磨く   備前焼を学んだあとは、備前市伊部の街並みを散策しました。今回の校外活動から、美術陶芸部員たちは様々な刺激を受けて帰ってまいりました。      ...

本日は演劇部の活躍を紹介します。     公演まであと1ヵ月   第1回より本校も参加している「高校生による演劇公演」活動。今年で4回目となります。今回の演目は『トロイアの女』 3月28日(土)・29日(日)の公演日まであと1ヵ月となりました。休日を利用して兵庫県西播地区の高等学校演劇部員が集い、舞台稽古に励んでいます。             卒業後もつながる友情と後輩へのサポート   第1回の公演に参加した演劇部員はすでに高校を卒業し、それぞれ新しい生活をスタートしています。そんな中でも予定を合わせて、稽古場まで足を運んでくれる先輩たちがいます。先日の合同稽古では、今回の舞台『トロイアの女』に参加する2年 六萬 君・永戸 君に、本校卒業生はもちろん他校の元演劇部員が演技指導をしてくれました。今年もまた、本活動の卒業生たちが、公演日の会場で再会の約束しています。            ◆高校生による演劇公演『トロイアの女』 日時:3月28日(土)2回公演 / 3月29日(日)1回公演 会場:姫路キャスパホール [caption id="attachment_20155" align="alignnone" width="600"] Image[/caption]...

本日は、2月20日(木)に開催した「校内ディベート大会 決勝」の様子を紹介します。     ハイレベルな戦い   論題は「昨年のディベート甲子園」に準じ「日本はフェイクニュースを規制すべきである。是か非か。」 肯定側の「現状を変革する案」と否定側「現状での対応案」の優劣を競うディベートになります。2月1日の予選を経た各チームの戦いは、ハイレベルなものとなりました。           先輩にも一矢報いる   リーグ戦はディベートの経験が多い2年生が有利だと思われますが、1年生チームが勝利する試合も見られ、十分な準備と練習で今日のディベートに挑んだクラスの意気込みを感じました。各教室で、審判である教員も舌を巻くディベートが行われ、厳正なジャッジの結果、2年1組Bチームが12チーム27試合の頂点を勝ち取りました。今後も本校ではディベートを通じ「調べる力・まとめる力・客観的に分析する力・論理的に聞く力・論理的に伝える力」の育成を進めます。             ...

本日は自然科学部の活動を紹介します。     化石発掘を学ぶ   2月1日(土)、放課後を利用し岡山県勝田郡奈義町にある「なぎビカリアミュージアム」で化石の発掘について学びました。新生代第三紀(2300万年前~500万年前)に熱帯・亜熱帯地域に生息していましたが、現在は絶滅している「ビカリア」という巻貝があります。ここはその化石を、実際に発掘することができる施設です。          リアルな体験を通じて   自然科学部は次の活動に「岩石薄片」の製作を計画しています。動画コンテンツやネットショッピングが充実し、知識や道具が簡単に入手できる時代になりました。しかし今回、生徒たちは実際に土を掘り岩石を手にし、岩石を砕き、ビカリアを発見しました。この実際の体験から得た感動が、次のステップに挑む彼らの知識や技術を「本物」にするのではないでしょうか。           ...

本日は2月1日(土)に行った「クラス対抗ディベート大会 予選」の様子をご紹介します。     本気で研鑽し合う   ディベートに取り組む学校が多い中、本校でもディベート大会を実施しています。ただ他校と違うのは生徒実行委員会が3か月前の11月より議題や実施方法の検討を始め、ディベート大会の企画・準備に着手します。12月には生徒説明会を開き、議題の発表とルールの確認、採点基準の説明が行われます。2学期期末考査終了と同時に、各クラスは出場選手を選考し、選手以外の生徒も資料集めや分析を始めます。冬休み中は生徒それぞれがPCや図書館などを利用して資料収集や分析、立論と展開を推敲し、3学期にクラスで取りまとめて予選に挑みます。           決勝戦に向けて   各試合終了後、審判である社会科教諭が講評を行い、勝ちクラスを決定します。それぞれのクラスの良い点・悪かった点を、勝ちチームは次の決勝に生かすべく、さらに論調・理論を固めて整える作業に入ります。また実行委員は大会終了後、会議を行い決勝運営への改善点を協議しました。一つの行事であっても、様々なかたちで生徒各々が特技を生かし知恵を絞り、何らかの部分で活躍できるのが本校の学校行事です。今回の「ディベート大会」も、選手のディベート力の向上だけでなく、クラスメイトのそれぞれの個性とスキルが光った行事となりました。決勝戦は2月20日(木)に予定されています。               ...